スポーツジムでのルールやマナー

トレーニング 知識

スポーツジムは無法地帯ではありません。大勢の人が利用する場所ですから、しっかりとルールやマナーが存在します。 

ルールやマナーを守ることで他の方とのトラブルを避ける事ができます。 

ストレス発散目的にトレーニングをしているのでトラブルに合うとかえってトラブルになりますよね。また、ルールやマナーが守れなかったり、他の方に悪影響を与えてしますと迷惑行為となり利用できなくなる場合がありますので、きちんとルールやマナーを把握し、守りましょう。 

ルールやマナー 

大手スポーツクラブなどは入会時に利用ルールやマナーの説明を受けながら、実際にスタッフの指導のもとマシンを使う機会があります。 

しかし、24時間ジムや市営ジムは紙で読む程度ですので、特にこれから24時間ジムや市営ジム入会を検討している人はルールやマナーを学んでおきましょう。 

室内シューズを必ず履く 

当たり前のことですが、ジムは基本室内ですから室内用シューズを履きましょう。外出用シューズを履いて、マシンや床を汚さないようにしましょう。 

トレーニング用の服を着る 

運動着なら何でも構いません。ジーンズのような動きづらい服でトレーニングを行い破れたりしても自己責任になります。また、周りから多くの視線があるでしょう。 

写真や動画の撮影は許可された場所で 

SNS投稿の為や自分の姿を見たくて写真や動画を撮りたい人は多いですよね。しかし、ジムによって撮影を控えられているジムもありますので、事前に確認をしましょう。 

撮影をする際は、ジムに許可をもらい、他の利用者が映らないように撮影をしましょう。 

器具の使用後は汗など拭きとろう 

マシンやフリーウエイトは使いまわしとなりますので、使用後は汗のついたところをしっかりとタオルやアルコールシートなどで拭きましょう。基本的にタオルやアルコールシートはジムに付属されています。 

ピンは一番上に戻しましょう 

マシンで筋トレを行う場合、使用後はウエイトのピンを一番上(一番軽く)に戻しましょう。 

インターバル中のスマホは控えよう 

大勢の人が利用ジムですから、次使いたい人がいるかもしれません。その人たちのためにもインターバルはスマホなど触って長時間取らず、集中してトレーニングを行いましょう。 

マシンやフリーウエイトは譲り合い 

次使いたいマシンやフリーウエイトは、利用者に一言かけることで譲ってもらえたりします。反対に自分が利用しているマシンを待っている人がいれば、「あとこのくらいで終わります」などと一声かけるだけでせかされている気分がなくなります。 

ウエイトはゆっくり下そう 

力を抜いてウエイトを下すと大きな音が出ます。周りの人たちはビックリしますので、ゆっくり下しましょう。 

大きい声は控えましょう 

ハードなトレーニングは声が出してしまう時がありますが、グッと堪えましょう。どうしも出てしまう人はマウスピースなどを使用し、歯を食いしばりましょう。 

集団でマシンの占領はやめよう 

友達との合同トレーニングが流行っていますが、周りの人に気を使いながら使用しましょう。 

食べ物は決められた場所で 

基本的にジム内で食べることはNGです。マシンや床を汚してしまう他、匂いが蔓延してしまうので、決められた場所で食事をしましょう。 

気持ちよくジムを利用しましょう 

ジムに入会する前にルールやマナーを学んでおきましょう。気持ちよくジムを利用することで常連やスタッフとの関係が築け、友人もできることもあります。そうなると更にジムが楽しくなり、モチベーションが上がるかもしれません。