脂肪燃焼!デッドリフトの効果とフォーム・やり方

ダイエット トレーニング 目的別 背中

今回は脂肪がなかなか燃えてくれないという方に向けて、非常に効果的なデッドリフトについてお話していこうと思います 

ダイエットにデッドリフトをやるべき理由

デッドリフトの動作では、主に下半身の筋肉や胴部の筋肉をトレーニングすることができます

これらの部位は体の中でも大きな筋肉で構成されており、強化することにより体幹や下半身が安定し、他のトレーニングの使用重量を上げることができます

大きな重量を扱えるようになるということは、より筋肉に刺激を与えることができるため、筋肥大に効果的です

もちろん女性のキングオブヒップアップ種目の一つでもあります。 

そして成長ホルモンの分泌も盛んにおこなわれるため、脂肪燃焼に効果的なのです。 

成長ホルモンはエネルギー代謝を活発にし、脂肪をガンガン燃やします。これは大会に挑むボディビルダーや一般のトレーニー、男性女性問わず受けたい恩恵かと思います

特に脂肪燃焼を目的としたダイエットを行っている場合はデッドリフトがあなたのダイエットを助けてくれるスーパーマンになってくれることは間違いないでしょう 

フォームとやり方

①20kgのバーベルに5kgのプレートをつけましょう。バーがスネに当たるくらいの位置に肩幅程度、つま先は前に向けて立ちます。 

②そのまま手を下ろし、スネの少し外に拳がくるようにバーを握りましょう。それと同時に背中が丸まらないように、背骨を一直線にします 

息を吸い込み、お腹を固め、背中を一直線に保ちながらバーを引き上げます。 

④引き上げたら、そのまま体の近くを通し下ろしていきましょう。この時も背中は一直線です。 

⑤これを10回繰り返していきます。 

注意点

デッドリフトを避けている方の理由として、腰を痛めるリスクがあげられます

これはデッドリフトでバーを引き上げるときに、腰が丸まってしまうことで起こります。

き上げる際にしっかりと息を吸い込み、お腹に力が入った状態を保ちましょう。

背中は常にまっすぐです。 

②次に、重量を上げすぎてしまうケースも多いです。

これは男性に多く、周りの目を気にし、フォームを崩しながら上げている人が多いですが、ケガのもとになるため、回数設定としては10回行ってフォームが完全に確保できる重量で行いましょう。

正しいフォームで行うことにより腰だけでなくお尻や下半身全体、お腹を使っている感覚を掴むことができるでしょう。

10回が完璧にできたら重量を5kg上げる。これを繰り返しながら徐々に強度を上げていきましょう。 

いかがだったでしょうか? 

ダイエットに効果的なデッドリフトを取り入れながら、ガンガン脂肪を燃やしていきましょう。 

たんぱく質をしっかり摂ることで更に脂肪燃焼効果を高めます。目安は体重×1.5g程を目安に摂取していきましょう。

私が愛用しているのはBelegendプロテインのパッションフルーツ味です。

プロテインとは思えないさっぱり感でもうこれ以外飲めません。

是非試してみてください!