目的別に関する記事一覧


ダイエット 目的別

ダイエット中に幾度となく襲ってくる空腹感。そんな空腹感に負けてしまい、「やってしまった。ついつい食べてしまった。我慢ができなく。」とダイエットに挫折をしてしまった経験はありますよね。 ダイエットに空腹感はつきものです。その空腹感の原因を理解してコントロールすることができればダイエットを成功させることが出来ると言っても過言ではありません。 今回はそんなダイエット中の空腹感についてマル秘テクニックをご紹介したいと思います。 

目的別 筋肥大

突然ですが、皆さんは「テストステロン」をご存じでしょうか?  テストステロンとは、男性ホルモンの一種で、男性機能向上や筋肉の合成、脂肪燃焼など男性としての魅力を上げてくれるホルモンで、別名モテホルモンと言われています。  今回はこの魅力的なホルモンであるテストステロンを増やすための方法について説明していきたいと思います。 

ダイエット 目的別

現代では自分の体形や見た目に対してコンプレックスを抱いている方が非常に多いなと感じます。 綺麗なモデルさんが一般的な体系のようなイメージになってきているのかもしれませんね。 ダイエットをしてもまたリバウンドをしてしまうという方が多いのも事実です。 今回はそんな方に向けて、体作りをしていくうえでの考え方を伝えていきます。

女性 目的別

今回は世の女性が気になる話題「部分痩せ」について説明していきたいと思います。  「実際、部分痩せって本当にできるの?」「不可能とよく聞くけど?」  という疑問があるかと思いますが、 結論から言うと、部分痩せは可能です。  これにはいくつかの理由がありますので説明していきます。

ダイエット 目的別

一般的に男性では1400kcal、女性では1100kcalと言われており、人はこのカロリーに加え、仕事や運動などでカロリーを消費しているため、基礎代謝1.5〜2が消費カロリーと言われています。今回はこの基礎代謝を上げる方法を2つ紹介していきたいと思います。 

目的別 筋肥大

有酸素運動は筋肉を委縮させたり筋力を落とすといったマイナスのイメージを持っている方がいると思います。  実際、マラソン選手と100m走の選手を比べてみてもわかるように、筋肉を大きくさせたいという人にとっては有酸素運動のやりすぎは注意すべきなのです。  では筋肥大が目的であれば、有酸素運動は必要ないのでしょうか?

目的別 筋肥大

夏に向けて冬の間にしっかりと筋肉をつけましょう!  筋肥大させるためには、トレーニングと食事が大事です 。 それぞれで重要なポイントをお伝えしていきます。 

スポーツ 目的別

体負けしない為の種目はスクワット・ラットプルダウン・ミリタリープレス。  3種目で充分ですので、正しいフォームを身に付けて体負けしないフィジカルを手に入れましょう。

ダイエット 目的別

これから紹介する自体重筋トレは、場所やマシンの有無を問わず行えて、ダイエットに重要な筋肉をつけたり、体力をつけたりといったメリットが豊富です。 

ダイエット 目的別

家で気軽にダイエットをしたいと思い縄跳びを見つけました。 縄跳びは学生の頃やっていてキツかったから、ダイエット効果がありそうと思った方は多いのではないでしょうか。  そこで、縄跳びによるダイエット効果は本当にあるのか、トレーナーがダイエットに必要な消費カロリー・筋肉量UPの観点から検証した結果を紹介します。