有酸素運動でダイエットを成功させる方法

ダイエット 目的別

ダイエットに取り組んでいる皆さんは何をどのように行っていますか? 

食事を重視する方が多いと思いますが、一方でウォーキングやランニングなどの運動をしっかりと行っている方もおられるでしょう。 

ダイエットといえば食事制限や運動というイメージが強いですよね。 

実際に脂肪を落としてすっきりとした体を作るだけであれば食生活を見直すことで達成できることが多いです。 

しかし、食べることが好きで食事量はあまり落としたくない方やダイエットを加速させたい方には運動も重要になってきます。 

また運動により筋肉が増えると、きれいなボディラインを作ることが出来ますし、普段の生活で消費するカロリーが増えることも期待できます。 

今回はそんな運動の中でも有酸素運動を取り上げていきます。 

有酸素運動の効果 

最初に有酸素運動の効果をご紹介します。 

①脂肪燃焼 

まず一つ目は脂肪燃焼効果です。 

有酸素運動では、主に脂肪を燃焼させエネルギーを作り出し、それを消費します。 

そのため、体脂肪や中性脂肪を減少させる効果があります。 

またLDLコレステロールを減少させ、HDLコレステロールを増加させる効果もあります。 

②心肺機能の向上 

有酸素運動ではエネルギーを消費するために酸素が必要です。 

その酸素を体内の細胞に運ぶには心臓や肺の働きが重要になります。 

心臓の筋肉である心筋を鍛えることでより多くの酸素を運ぶことができるようになり、有酸素運動はその心筋を鍛える効果があります。 

また呼吸にかかわる筋肉も鍛えることができるため、心肺機能向上の効果が期待できます。 

血圧低下 

運動を行うと血管が拡張され、血管の柔軟性が高まります。 

血管の柔軟性が高まることで血圧が低くなります。 

主な有酸素運動 

ここからは取り組みやすい有酸素運動をご紹介します。 

①ウォーキング 

ウォーキングは負荷が低く続けやすい有酸素運動です。 

朝に町中を散歩するだけでも運動になります。 

30分~1時間程度を目安に取り組んでいただけるといいです。 

②ランニング 

こちらはウォーキングと比べると負荷は高くなります。 

速く走ると心肺機能向上や運動量の増加が見込めますが、負担も大きく何よりつらさが増します。 

ダイエットも運動も継続が一番重要ですので、ご自身が続けることが出来る強度で行いましょう。 

30分~1時間程度会話ができるくらいのペースで取り組みましょう。 

③サイクリング 

最後はサイクリングです。 

サイクリングは町中の風景を楽しみながら行うことが出来ます。 

また有酸素運動としてではなく移動手段として活用すると一石二鳥です。 

こちらも30分~1時間程度行いましょう。 

まとめ 

有酸素運動の効果や取り組みやすい運動をお伝えしました。 

ダイエットを行う上で食事や筋トレと並行して行っていただくと成果が出やすいです。 

ただすぐに結果が出るわけではありませんので、気長に続けることが出来るように、自分の好きな運動を行ったり無理のないペースで行ってください。