ビタミンの種類と役割

サプリメント 食事


ビタミンとは 

ビタミンは、人が健全に成長し、健康を維持する働きがあります。また、ビタミンは他の栄養素をうまく働かせるためのサポートの働きがあります。 

ビタミンは身体でほとんど作る事ができないので、食べ物からしっかり摂りましょう。 

ビタミンの種類 

ビタミンには「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」の2種類があります。 

水溶性ビタミン 

水溶性ビタミンは水に溶け、尿などから体の外に排出されます。 

ビタミンB1(チアミン) 

主な働き糖質からエネルギーを作るとき必要、神経の機能維持、皮膚や粘膜の健康維持 

どのような人が摂るのか:肩こりや腰痛の人、運動をする人、疲れやすい人 

主な食材:豚、豆類 

ビタミンB2リボフラビン 

主な働き:脂質からエネルギーを作るとき必要、過酸化脂質の分解に役立つ 

どのような人が摂るのか:肌荒れが気になる人、口内炎が気になる人 

主な食材:卵、納豆 

ビタミンB3ナイアシン 

主な働き:皮膚の機能を保持、糖質脂質タンパク質の代謝を助ける 

どのような人が摂るのか:肌荒れが気になる人、運動をする人 

主な食材:肉、魚 

ビタミンB5パントテン酸 

主な働き:糖質脂質タンパク質の代謝を助ける、コレステロール・ホルモンの合成を助ける 

どのような人が摂るのか:運動をする人、妊婦 

主な食材:豚、豆類 

ビタミンB6ピリドキシン 

主な働き:タンパク質からエネルギーを作るとき必要、神経の機能維持 

どのような人が摂るのか:口内炎、貧血の人、生理前 

主な食材:まぐろ、かつお、肉、バナナ 

ビタミンB7ビオチン 

主な働き:糖質脂質タンパク質の代謝を助ける、皮膚の機能回復 

どのような人が摂るのか:肌荒れが気になる人 

主な食材:豆類 

ビタミンB9葉酸 

主な働き:血液を作る時に役立つ 

どのような人が摂るのか:妊婦、貧血の人 

主な食材:トウモロコシ、ホウレンソウ、ブロッコリー 

ビタミンB12コバラミン 

主な働き:血液を作る時に役立つ、神経の機能維持 

どのような人が摂るのか:貧血の人、ベジタリアン 

主な食材:肉、魚、貝 

ビタミンCアスコルビン酸 

主な働き:コラーゲンを作る、皮膚や粘膜の健康維持、ストレスの抵抗、鉄の吸収を助ける、病気予防 

どのような人が摂るのか:運動をする人、ストレスが多い人、肌荒れが気になる人 

主な食材:果物(柑橘類)、野菜、芋 

脂溶性ビタミン 

油脂に溶け、体の中に蓄積されやすいビタミンです。 

ビタミンA(レチノール) 

主な働き:皮膚と粘膜を正常にする、暗闇に対応する、発育を促進する 

どのような人が摂るのか:うす暗いところで見えにくい人、妊婦、肌が乾燥する人 

主な食材:うなぎ、チーズ、卵、緑黄色野菜 

ビタミンDカルシフェロール 

主な働き: カルシウムとリンの吸収を促進する、骨や歯を作る時に助ける 

どのような人が摂るのか: 妊婦、骨や歯が弱い人 

主な食材:魚介類、卵、キノコ類 

ビタミンEトコフェロール 

主な働き:血流の流れを活発にする、抗酸化作用がある 

どのような人が摂るのか: 冷え性や肩こりの人、生理不順の人 

主な食材:アーモンド、ナッツ類、魚介類、カボチャ 

ビタミンKフィロキノン) 

主な働き:血液の凝固性を保持する、骨や歯を作ると時に助ける  

どのような人が摂るのか: 内出血しやすい人 

主な食材:緑黄色野菜、納豆 

まとめ 

ビタミンは体内でつくることがほとんどできませんので、しっかり食事から摂取しましょう。また、食事を偏らず、バランスよく摂る事をオススメします。