BCAAとEAAの違い

サプリメント 食事

ある程度トレーニングを行った方はBCAAEAAを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。またすでに飲んでいる人もいると思います。 

どちらも必須アミノ酸で、体内では作ることができない筋肉の材料です。どちらも必須アミノ酸ですが、多少違いがありますので、今回はその違いを紹介します。 

BCAAとは

Branched Amino Acidの略です。必須アミノ酸である、バリン、ロイシン、イソロイシンの3種類から成り立っているものです。 

EAAとは 

Essential Amino Acidの略です。必須アミノ酸は9種類あり、その全てです。もちろんEAABCAAを含んでいます。 

BCAAEAAの比較 

EAAの中にBCAAを含んでいるので、基本的には同じ効果が得られます。しかし、少しだけEAAの方が違う成分が入っていますので、比較しましょう。 

筋力への効果 

タンパク質の合成はロイシンが筆頭に合成を高めますが、筋肉を作る為に体内でつくることのできない、9種類の必須アミノ酸が必要です。BCAAはロイシンの含む量が多いですが、必須アミノ酸以外の6種類も必要ですので、EAAを摂るとスムーズでしょう。 

BCAA 

筋肉の合成に欠かせない成分です。しかし、他の必須アミノ酸なしではその効果が発揮できません。 

EAA 

EAAに含まれているBCAAが筋肉の合成を高め、必須アミノ酸全て含んでいるので効果が発揮できます。 

疲労への効果 

BCAAが筋肉へのダメージを緩和し、筋肉痛を和らげてくれます。さらに、BCAAはインスリンの働きを強める効果があり、グリコーゲンの合成を促進させる効果があります。 

回復効果を期待するならBCAAのみでも十分でしょう。 

BCAA 

筋肉へのダメージを緩和してくれます。筋肉痛の予防や精神的疲労も回復します。 

EAA 

BCAAが含まれているので、BCAAが筋肉のダメージを緩和してくれます。 

持久力への効果 

BCAAが持久力の向上を促進します。BCAAは筋肉のエネルギーですので、摂る事によりエネルギー不足になりづらくなります。 

BCAA 

筋肉のエネルギーとして働く為、摂取すると疲労が抑えられ持久力が向上します。 

EAA 

BCAAの働きによりエネルギーが補給され疲労が抑えられ持久力が向上します。 

どっちの方が良い? 

EAABCAAを含んでいるので、同様の効果が得られるでしょう。しかし、コストを考えると比較的BCAAよりEAAの方が高価となっております。 

どちらが良いとは一丸に言えませんが、コストと目的によって選んでください。 

まとめ 

BCAAEAAはどちらにせよトレーニーにとって味方になるでしょう。 

最近のBCAAEAAは非常に美味しくなっているので、ジュースの代わりにごくごく飲めます。 

上手くサプリメントを活用し、日々のトレーニングに励みましょう。