脂肪は悪い物なの? 脂質を含む食材をランク分け

食事 食事方法


皆様、「脂肪」と聞いてどんなイメージを持たれますか? 

脂肪=太る、脂肪=不健康的、脂肪=かっこ悪い、など、あまり良いイメージをお持ちの方は少ないかと思います。 

もちろん脂肪の摂りすぎ健康的に悪影響を及ぼす事事実です。 

ただ、そんな脂肪が、もし私たちの身体から完全になくなってしまうとどうなるのでしょうか? 

特にダイエットやボディメイクに励まれている方なら脂肪を極力落としたい!とお考えの方もおられるかと思います。 

例えば… 

  • おかずは基本的にささみか鶏胸肉でそれ以外のお肉やお魚は食べません! 
  • 調理の際には油は使いません! 
  • ケーキやポテトチップスは食べません! 

などなど。 

ストイックに目標に向かって進まれるのは素晴らしい事ですが、現代では本来必要な脂肪まで不足してしまい、逆に問題が起こっているケースもある様です。 

今日はそんな脂肪のあれこれについて一緒に見ていきましょう! 

 脂肪の種類

まずは脂肪の種類について考えましょう。 

大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。飽和脂肪酸とは、バターや生クリーム、ホイップなど、常温で固体になっているものを言います。 

不飽和脂肪酸とは主に常温で液体状態のもので、植物油や魚の油に含まれます。 

更に不飽和脂肪酸は細かく分けることができ、「多価不飽和脂肪酸」と「一価不飽和脂肪酸」、「トランス脂肪酸」があります。 

多価不飽和脂肪酸にはサバに含まれている事で有名なDHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸があります。

トランス脂肪酸は工業的に製造された脂肪でマーガリンやショートニング、それらを使ったケーキやお菓子に含まれます。 

 どれがOKでどれがNG?

上記に示したように、脂肪と一言にいっても様々な種類があります。 

脂質過多にならず、かつ脂肪不足にもならないでバランス良く摂取するにはどうしたら良いのでしょうか。

一番簡単な方法で、食品(脂質が含まれている)を健康的な効果別にランクを分けて考えるという手があります。 

例えば、 

ランク1【健康的効果あり 

サバやイワシ、サンマなどの青魚、えごま油、亜麻仁油など。 

これらの食品には先ほど述べたオメガ3系の脂肪が含まれていて、抗炎症や脳神経機能の向上など、健康効果も期待できます。 

ただし、脂肪という事に変わりはないので、どちらにしても摂りすぎには注意です。 

ランク2【健康的な効果は△】 

サラダ油やお肉の油、無脂肪の物以外の乳製品、卵の黄身など。 

これらには飽和脂肪酸やオメガ6系の脂肪が含まれていて、健康に良い面も悪い面も持ち合わせています。

適量に摂取する分にはいいですが、日常的に摂取しやすい食材が多い事もあり、どちらかといと不足気味より摂りすぎている事が多いので、その摂取量には気を付けましょう 

ランク3【健康的な効果は見込めない】 

バターや生クリーム、スナック菓子、菓子パン、総菜の揚げ物など。 

飽和脂肪酸やトランス脂肪酸など、体への悪影響が強い脂肪酸が多く含まれます

これらの脂肪酸は悪玉コレステロールの増加、善玉コレステロールの減少、動脈疾患などの心疾患のリスクを高めてしまいます。 

 

こんな風に、脂質を含む食材をランク分けし、その摂取頻度や内容を今一度見直されてみてはいかがでしょう。 

ランク1の食品群はご自宅に常備しておいて積極的に摂って頂き、ランク3の食品群はなるべく避けるか、もしくは今までよりも買う頻度を落としてみましょう。 

もちろん、脂肪の摂り過ぎは控えないといけないですが、体に必要な脂肪を適応量摂る事はむしろ健康的に効果がある事をお分かり頂けたかと思います。

脂質の高い食品を食べ過ぎてしまったり、また、その逆で低脂肪や無脂肪にこだわり過ぎてしまったりせず、脂肪を正しく摂取して良い身体を作っていきましょう!